このブログではeスポーツに関係する仕事を見ていきます

世界中で多くの愛好者を擁するeスポーツですが、フリーランスのエンジニアとしてそれに関連する仕事を受注することは簡単ではありません。というのも、eスポーツのエンジニアには、当然ながらeスポーツについての一定以上のスキルや知識、経験などが求められるからです。知名度がそれほど高くないエンジニアにとって、自分にそういったスキルなどがあることをアピールするのは、決して容易くはないでしょう。

そこで、フリーランスのエンジニアがeスポーツに関係する仕事を請け負うには、ちょっとした工夫が必要となります。もっとも手っ取り早く確実なのは、最初からフリーランスになるのではなく、まずはeスポーツに関係するゲームを開発している企業に入社し、そこでスキルを磨きながら人脈を形成する方法だといえるでしょう。IT業界では人脈が非常に重要となってくるため、ある程度経験を積んだところで独立してフリーランスになれば、元々いた企業のツテを頼って仕事を受注できる可能性が高くなるのです。

また、それ以外の方法としては、自身がeスポーツのプロゲーマーとなって大規模な大会で入賞することが挙げられます。入賞してeスポーツの世界で名の知れる存在になれば、eスポーツのゲームを運営している企業や、そこからシステム開発を受注している企業などから注目してもらえるようになるでしょう。その機会を活かしてエンジニアとして営業に回ることで、企業から仕事を受注しやすくなるというわけです。